*

プロレス観戦記復刻版] 全日本女子プロレス「Summer Explosion」第六戦(2003年9月11日(木)小野田市民体育ホール)

更新日:

全日本女子プロレス「Summer Explosion」第六戦(2003年9月11日(木)小野田市民体育ホール)

イントロダクション

約4年ぶりの全女。女子プロ観戦自体がそれ以来。同所で見たのは藤田.日高組が大日本タッグに挑戦したとき以来だから(この間に全日本が来ていたが、行ってない)随分久しぶり。さらに全女となると前に一回納見が辞める前だったからこれも相当前の話。

わざわざ下関から15キロ離れた小野田まで、割引券を取りに行くのが面倒だったので、友人から博多大会の割引券を送ってもらって会場入り。行ってビックリ。駐車場満杯。さらに当日券求める長蛇の列。この光景だけだと女子プロバブルの頃となんら変わらぬ光景。松永兄弟が勘違いしそう...かなと思ったが、実はそうでもなかった。

オープニング

肝心の割引券はノーチェックで素通り。割引料金で入った上に一度手渡された6列目リングサイドが更に3列目に差し替え。もう驚かなくなったけどやっぱりそんなもんか。昨日の雷嵐を引きずって本日も曇天。ほどよく涼しくなって良かった...

と思っていたら会場は密封サウナ。飲まず食わずで観戦していたので途中ちょっと体調がおかしくなりかかったけどどうにか乗り切った。

第一試合:20分一本勝負:

○ジャガー横田(10分39秒 逆さ抑え込み)●HIKARU

いつの間にか魔界魔女じゃなくなっていたHIKARU。でも素顔の方がいい。しかしこの試合とにかくロープワークにスピード感が全然ない。 ロープに振られてかえってくるタイミングが2人とも合っていない。だから歩数が多くてよたって見えたり勢いがなくなってしまったりでせっかくの試合を台無しに。

第二試合:20分一本勝負:

○前川久美子(11分14秒 浴びせ蹴り→体固め)●サソリ

サソリまた一段と細くなっていた。立ち振る舞いからしてどっちがヒールかわかりゃしない。さらに試合が始まってみると前川の襲撃の嵐を受けまくり耐えまくって一発逆転につなげていくサソリという図が。

ところどころ思い出したかの様に凶器攻撃はするものの、インパクトナシ。さらに代名詞の?サソリ固めは腰砕けになるしで極悪の看板倒れもいいところ。最前列招待で見ていたヤンキー風の兄ちゃんが「弱いものいじめだよ」とぽつり。これが全て。

休憩

20分遅れで始まって2試合で20分弱。休憩がさらに20分。間延びしまくり。

第三試合:30分一本勝負:

○ダンプ松本(0分18秒 ボディープレス→体固め)●廣瀬桂子

ダンプはところどころ愛嬌をくわえてもはや極悪の面影ナシ。ブッチャー状態。だいたい絶対的ベビーがいなけれゃ光りようがない。それは多分分かっているんでしょう。
一回目は秒殺。

*再試合:30分一本勝負:

○ダンプ松本(1分58秒 ラリアット→体固め)●廣瀬桂子

再試合も1分半。見所はここまでスタッフとして動いていた田口さんがこの試合だけ影かほるになって極悪に参加したことくらいか。この試合の後さらにリング調整。さらに間延び。

第四試合:30分一本勝負:

○渡辺智子(14分41秒 スクリュードライバー→体固め)●納見佳容

14分の試合中開始4分を会場での追いかけっこに費やした両名。間延びした会場を暖めようとしたのでしょうが、体温と会場温度が上がってしまっただけで徒労。切り替えて試合だけに絞った方がかえって沸いていただけに前半の時間が勿体なかった。納見の表情は堂々としたもので立場が人を作るとはよく言ったもの。でもこんな試合してちゃね...

第五試合:60分一本勝負:

○井上貴子&アメージング・コング(18分42秒コングのラリアット→体固め)高橋奈苗&●前村早紀

ご当地山口凱旋の前村。「山口期待の星」とコール。

私の職場の近くの学校にかよっていたらしい?のだが、よくは知らない(笑)ただこのメンツに囲まれると細すぎ。「小学生だよ」という感想があちこちで聞かれる。

サソリとは逆パターンで前村が耐えて耐えて一発逆転して高橋につなぐという凱旋試合にありがちなパターンの展開だったが、いかんせん蝶野もビックリの分厚い膝のサポーターと細いからだが痛々しすぎて、伴う技術も発展途上なのが見え見えなのでいくら凱旋とはいえメインに出すのはどうかと思う。

貴子の裏拳を何度も耐えて跳ね返したところには、将来性が感じられましたが、今回はそれくらいかなぁ。コングは初めてみたけどなかなか頭も良く、順応性もあり。いい選手だと思った。高橋がやや細くなっていたのが気にになった。貴子は以前に比べるとグッドシェーブ。

どの試合も可もなく不可もなくでした。決して悪くはなかったということをまず前提に読んでいただかないとただの悪口になっちゃいそうなんで念のため。

ベテランも現所属組も基本は同じ全女スタイルなんで違和感があろう筈もないわけでこれは当然。でもあっちこっちにほころびはあった。

暑いのでとっととかえった。とにかく間延びしまくり。試合で盛り返しても進行で台無しにしてちゃねぇ...。

後記

*余談ですが、この大会は以下のような騒動に・・・(リンク先はこちら

 全日本女子プロレス興業の施設使用料滞納に関し、山口県小野田市は6日、同社に対し約32万5000円の支払いを求める訴訟を船木簡裁に起こすことを決め、市議会に議案を提出した。
小野田市や同社によると、全日本女子プロレスは昨年9月、同市の市民館体育ホールで興行したが、観客数約800人の見込みが実際は約200人しか入らず、売り上げは約30万円にとどまった。同社は使用料約35万5000円のうち、今年4月から6月まで毎月1万円ずつ、計3万円を支払ったが、残りは未払いになっているという。






follow us in feedly

-sekapro, プロレス観戦記, プロレス観戦記復刻版, 全日本女子プロレス観戦記, 女子プロレス観戦記

『FREEDOMS vs がむしゃらプロレス 対抗戦』

Copyright© sekapro , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。